カテゴリ:HOTなmono( 153 )

47巻がでましたよ。
c0125637_22295917.jpg


少女マンガと侮るなかれ。おもしろいのだよ。
昔、かみさんが面白そうに何度も読み返しているので、読んでみたらはまってしまったと。笑

ところで、帯の実写版 速水真澄サン。
正体はこの人 爆である。
[PR]
原哲生サン   北斗の拳   文庫本全15巻

c0125637_2139618.jpg
c0125637_21392032.jpg


もう、たいして語る事はないですね。笑

これ、ジャンプの連載はじまったの1983年なんですと。じつに28年前。ひえぇえ〜。
時が経つのは、おそろしいな。

宿敵ラオウとの対決は、実は、前半で終わります。後半は、いがいと知られてないのかも?


↓歌は、これしか無いっすね♪
愛をとりもどせ
[PR]
かわぐちかいじサンの沈黙の艦隊      全16巻(文庫本)

c0125637_20555913.jpg
c0125637_2056946.jpg


戦記もの。
日米開発の原子力潜水艦シーバット、艦長”海江田四郎”が乗組員とともに独立を宣言。
戦闘国家”やまと”として日本、アメリカ、世界をむこうに核廃絶を訴え戦う。

とまー、ざっくり書くとこんなもんなんだけど、オモシロイです。
潜水艦の戦いなんててんで分かりませんでしたが、読みすすめるうちにちょびっとづつ分かってきます。
戦闘だけでなく、日本の政治、選挙と、国民まきこんでの”核”談義。
アメリカ大統領とのかけひき。
読みどころ満載です♪

主人公の海江田四郎、はじめのころは、だめだめな感じの絵ですが、後半からずいぶんとかっこよくなっています(笑)
[PR]
felticoサンの新作きました♪

今回は、携帯ストラップ。
c0125637_22554558.jpg


c0125637_2257253.jpg


フェルトの色の組み合わせが絶妙で、とってもかわいい♪
とうぜん、手作りなので、全部”柄”が違います。

出会いに感謝で早いもん勝ちっす。

葉花のレジ前にてほっこり発売中。


葉花
[PR]
福本伸行サン  賭博黙示録カイジ  全13巻

c0125637_23265225.jpg
c0125637_2327438.jpg


平々凡々な男(あー、ギャンブルとなると天才的閃きを発揮します)、カイジが多額の借金を背負ってしまい、それを返済するために様々なギャンブルに挑むお話。

途中からは、借金返済っつーよりも、純粋なジャンキーか。
福本サンの絵は、非常に味がある(笑)へたっぴの部類か。W
でも、ずっとこんな絵なので、わざとなんだと思うべし。

なにが、面白いって全く新しいギャンブル。よく思いつくものです。

藤原竜也クンがカイジ役で映画にもなっとります。

全13巻は、1部。2部3部4部と・・いまだ続刊。

おもしろいです。


んじゃ、アニメにてOPとなった”未来は僕等の手の中”

[PR]
さいとうたかをサンのサバイバル   全10巻+1 (文庫本)

c0125637_22185121.jpg

c0125637_22191233.jpg


巨大地震に生き残った少年サトルが家族を探す、まさにサバイバルな物語。

今時期だけにちょっと怖いです。
要所要所、為になりますぞ。

さいとうたかをサンだけに当然ばりばりな劇画調。なれない人には、とっつきにくいかもです。

今、読み返しているのだが、刺激が強すぎてやめときゃよかったと少々後悔。
が、気になってやめられんのさ。笑
[PR]
永井豪さんのデビルマン。全5巻(文庫本)
c0125637_23405495.jpg
c0125637_2341953.jpg


アニメになっていたので、超有名でしょう。

が、原作は、アニメとは、ぜんぜんちがいます。
アニメは、ヒーローものですが、原作は、神話?的な感じです。大人な漫画です。

あらすじは、なしんこ。
40年ちかく昔の漫画ですが、まったく(?でもないですが、)古さを感じません。
おもしろいぞ!


お約束の。しかし、エンディング。笑


この歌、い〜よねぇ〜♪
[PR]
c0125637_07493.jpg


かわいすぎる・・。

去年暮れにニッサンのセレナに試乗するともらえた限定ストラップのようです。

さぞかし、価値が・・と思いきやそうでもなかった(笑)
ま、かわいいので”お宝”に。V

せんきゅー。
[PR]
北朝鮮に拉致され、脱出(亡命)した申 相玉(シン サンオク)さんと崔 銀姫(チェ ウニ)さんの手記。
c0125637_21374892.jpg


読みました。
実話です。

普段は、小説なので、手記的なやつは、ほとんど読みません。
だもんで、正直、出だしは苦労しました。
小説は、うまい事つくられているわけで、読ませるために”山”あり”谷”ありなので、うま〜く入っていけるようになっている。(ま、入っていけないやつは、面白くない?)

が、”あー、これは、日記、ブログなんだ”と気づいたら、あっちゅーまです。面白かった。

拉致されている(北朝鮮で暮らしている)間の出来事が事細かに書かれています。
なかなかに興味深い。

が、ちょっと残念な事に出版されたのが、1988年、23年前!。
その当時であれば、北朝鮮の事は、もっと闇の中だったろうから、相当な衝撃だったでしょう。(今でも闇でしょうが)
まあ、19歳のボクが、これに興味が湧いたとは、全く思えませんが・・笑。

南北朝鮮の事もさることながら、”生きる”という事、ただ、”生きてゆく”のではなく、”どう生きてゆく”という想いが伝わってきます。

脱出したところで、手記は終わるので、その後は・・と気なるのでググってみる。

申 相玉(シン サンオク)さんは、お亡くなりになってましたが、アメリカ、韓国と全うしたようです。
崔 銀姫(チェ ウニ)さんは、情報少なく、存命かどうかわかりませんが、シンさんと一緒に無事だったようです。

読みたいなぁ〜と思った方は、マナティー店主さんまで(笑)
[PR]
横山光輝さんの ”バビル2世”  全8巻 (文庫本)

アニメになっていたので、有名すね。

c0125637_2234926.jpg

c0125637_2235446.jpg


宇宙人バビルの遠い子孫、浩一くんが超能力と3つのしもべを駆使して、悪人(?)ヨミと戦うヒーローもの。
3つのしもべ、覚えてますか?笑

ロデム、ロプロス、ポセイドンの3匹(?)いや、3人といおうか。

でかい鳥のロプロス、これに乗ってどこへでもいけます。
巨大ロボットのポセイドン、ひたすらにバカちからです。
なかでも、変身能力をもった黒豹のロデム。大好きです。
秘書的ボディガードとでもいいましょうか。最高です。我が家に1匹欲しいです。笑

ちなみに敵のヨミ、ぜんぜん死なないです。笑

横山さんの画は、非常に平凡な感じだけど、なんか”味”あるんですよねー。


って事でなつかしいやつ、どぞっ♪

[PR]
←menu