でたよ〜。確か、しおりさんの自殺的なとこで前巻は終わってましたね〜。
さてさて、今回はラストにむかって着実に進むのだろーか。笑
へんに話をひろげると、ほんと終わらない気がするぞ。

そんで、風の武士(上)しゅーりょー。
おもしろいね。
たんたんと物語が進んでいくのだが、司馬遼太郎センセは、こーゆー作風なんだろか?
まー、一冊目なのでなんともいえないが、おもしろいので、良し。

ガラスの仮面をはさみつつ、下巻突入。笑

c0125637_22422130.jpg



かみさん近況。いまだ自宅療養中。もう、今回は完全復活まで、休みっす。かなり調子あがってきた感ありありです。来週木曜復帰予定。
[PR]
応募しておおよそ3週間ほど。そしてブックカバーげっとです。
c0125637_2285420.jpg
c0125637_229476.jpg


やわらか素材でジップ付き。
かばん中にほおりこんでも本守ってくれます。

気持ち大きいけど、これは、いいぞう♪

応募は、2014年1月まで。20冊ぶんで応募できるので、もっかいいけるかな。
今度は、オレンジ色をねらおう。
[PR]
c0125637_22404725.jpg


この間、買った第一巻、面白いです。これはいけます。
っ事で、オトナ買いなセット本。

当然、第一巻は、かぶるのでまんま買い取りに出したら、まさかの値段つかず・・。
1週間しかたってないのに。200円だったのに。

ま、しょうがないね〜。
さぁ、読書の春(笑)
[PR]
c0125637_23141191.jpg


時代小説にはまってみようかと。

池波正太郎さんといえば、鬼平犯科帳?
愛読書にさいとうたかをさんの鬼平犯科帳(漫画W)があるので、とっつきやすいかと(笑)

舞台は東京だったりするのだが、いかんせん時代は江戸中期。町の名前から普段の言葉遣い、物の名前なんかも違う訳で。さていけるものかと、びびって単品(一冊)にて購入。
いけそうならセット本にて買うっす♪はてさて。

週末が母の日なので、忙しいですが合間に♪



葉っぱと花と・・。
[PR]
c0125637_21524068.jpg


そろそろ中盤っすね〜。電車が楽しい♪
[PR]
最新刊す。帯には、海棠の花・・とあります。
扈 三娘(こさんじょう)どうか悲しいことになりませんように、北方さんおねがいします。

c0125637_1294660.jpg


ちなみに海棠の花は、中国産の樹木です。なまめかしい美しい女性を例えていうんだとか。
[PR]
c0125637_21141132.jpg


小説の帯は、買い手にとっては、かなりのポイント。
加えて、昨今の書店には、店員さんの手書きのポップ。コチラのウェイトも高い。

しかしながら、かならずしも”あたり”って訳じゃない。

期待値が大きい分、外れた時は・・。
[PR]
c0125637_2121152.jpg

今朝、北方メールが届き、帰りに新宿駅にて、げと。
帯見ると…。えぇ〜、呉用!
楽しみは、これから。

リリーさんの涙涙の東京タワーの後に漢(おとこ)北方さんの中国歴史浪漫(笑)ってのは、えらいギャップだなとおもふ。
[PR]
本日発売す。
c0125637_21322754.jpg


発売日に北方謙三サンのメールが届くってやつに登録したので、買いそびれ無し♪

毎月発刊の全15巻なので来年の8月まで続くっす。。

毎回のブックカバーがけっこう楽しみだったりする。今回は、タバコマナーのやつでした。。
[PR]
c0125637_22231243.jpg

とっぷりとはまってます。
[PR]
←menu